飲みやすい青汁

不味い青汁なんて続けられないから意味ない!

 「まずい!もう一杯!」というCMでその存在を世に知らしめた青汁。

 青汁は、緑黄色野菜を絞った汁の総称で、代表的な健康食品の一つです。  CMが制作された当時の青汁は、ケールというアブラナ科の野菜を原料としたものが多く、その独特なクセと苦味が『青汁=まずい』という図式を作ってしまったようです。

 しかし、最近、味が改善された飲みやすい青汁が増えてきました。大麦若葉、小松菜、ヨモギなどを原料にしたものです。青汁の原料となる緑黄色野菜には食物繊維、ビタミン、ミネラル、葉酸など健康生活を送るうえで必要とされる栄養素が数多く含まれています。食事だけでは摂りきれないこれらの栄養素を体内に補う効果のある食品として青汁は広く親しまれてきました。

 昨今、食の欧米化による栄養バランスの崩れや運動不足などから生活習慣病、その予備軍が急増しているといわれています。メタボリック・シンドローム、高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病は、現代人の肉中心の食生活から生まれた病気といえます。欧米型の食生活の一番の問題点は、高脂肪、高コレステロールで、野菜の摂取量が大幅に減ったということです。そのような食事を続けていくと、悪質なコレステロール、中性脂肪が一気に増え、その結果、血液の流れが滞りがちになり、高血圧やメタボリック・シンドロームの原因となります。

 野菜不足の解消に大きく貢献するのが青汁の存在です。青汁には一日に摂取するべき野菜が凝縮しています。コップ一杯の青汁を飲むだけで生野菜100g以上食べるのと同じ栄養効果があるといわれています。青汁に含有されているビタミンCは抗酸化物質の代表ともいわれる栄養素で、生活習慣病の原因と言われている活性酸素を抑制し、アンチエイジングにも効果が認められます。また、食物繊維の働きで便秘解消に大きく効果があり、ダイエットや美肌効果も期待されます。さらに免疫力向上効果もあるので風邪をひきにくい体にしてくれます。

 健康食品の中でも、小さい子供から高齢者まで男女を問わず、人気のある青汁ですが、特におすすめしたいのが働き盛りの中高年の方々です。それぞれの体に合う青汁を見つけ、健康的な生活を持続していきたいものです。                                                 

                

ドリンクタイプの青汁がどうしても苦手なら、粒状のサプリメントタイプの青汁なら飲みやすいのでオススメ

青汁には様々な飲み方があるので、 ご自分の飲みやすいような方法を見つけるというのが1番良いと思いますが、 飲みやすい方法を試してみても、やっぱり自分には合わず青汁を飲むことができないという人は 青汁のサプリメントがお勧めです。 青汁に使われている成分と同じ成分をサプリメントに凝縮してあるものであれば、 時間や場所などを選ぶことがなく いつでも摂取することができます。 成分は青汁そのものと変わらないので、 しっかりと健康に対しての効果を感じることができると思いますし、 どこへでも持ち運びできるというのも嬉しいと思います。 特にお子様などの場合には青汁の味に抵抗を感じてしまい、 飲むことができないと言う場合もありますが、 サプリメントであれば抵抗なく飲んでくれるのではないでしょうか。 また、大人でも、どうしても青汁を飲むことができないという人がいます。 しかしサプリメントであればそうした悩みを抱えてしまわずに 青汁の成分を体内に取り入れることが可能になります。 ただ青汁のサプリメントといっても、 やはり安全性などについてしっかりと信頼できるものを選ばなければならないのですが、 そこでお勧めなのが元気な青汁というサプリメントになります。 国内でしっかりと管理された原料を使って青汁のサプリメントにしてくれていますから 安心して摂取することが可能です。 本当に原料にこだわって作られている青汁のサプリメントですから、 お子様でも安心して飲むことができるし、 経済的なランニングコストを考えたとしても続けやすいのではないでしょうか。 飲みやすい青汁ランキングでも粒状の青汁は上位に評価されています。

子どもでも青汁をおいしく飲む方法

青汁は子供でも飲めると言われていて、 特に育ち盛りの子供に青汁を飲ませてあげると良いと言われています。 近年では飲みやすくなっている青汁もたくさんありますが、 それでもやはり子供の口には合わないと、 飲んでくれない子供もいると思います。 そこで子供に飲みやすい青汁の飲み方の方法は、 りんごジュースで割るというものと、 カルピスで割るというものになります。 りんごジュースやカルピスは、元々風味が強く、 ビタミン類や乳酸菌などが豊富に含有されているので体に良いと言われています。 こうした飲み物で青汁を割って飲ませてあげることで、 抵抗なく青汁を飲んでくれますし、しっかりと栄養素を補うことができると思います。 ジュースは飲み過ぎてしまうといけないと言われていますが、 青汁を飲むときにコップ一杯であれば問題ありません。 りんごジュースにはビタミンC が豊富ですし、 カルピスにも乳酸菌が豊富です。 特にこうした栄養素を補ってあげるというのは子供にはとても大切なことになります。 あくまでもジュースというのは飲みすぎてはいけないだけで、 体をたくさん動かして毎日汗をかいている子供にとっては多少飲ませてあげることが必要になってきます。 青汁と特に相性の良いりんごジュースやカルピスで混ぜて青汁を飲ませてあげて下さい。 それまでは青汁を飲んでくれなかった子供も、 青汁を飲んでくれるようになると言われています。 子供の健康を守ってあげるためにも 飲みやすくなるように工夫をして青汁をコップ一杯飲ませてあげるようにしてください。