青汁スタンドに行ってみよう

青汁を美味しく飲むために 青汁スタンドに行ってみよう

「健康のために青汁を飲んでみたい、けれど味や食感が好みでなかったらどうしよう」と不安を抱えている人も多いだろう。現在、青汁を使った製品は自宅で飲むための製品の他に様々なものが市販されている。ドリンク、菓子(アイスクリームやクッキー、ケーキなど。発色がよいので好まれる)カレーやチャーハン、パスタなどが代表例だ。中でも青汁を使ったドリンクは、普段使う形に近い上に、短時間で飲み干せるので製品の味を知るためのお試しをするのに向いている。青汁ドリンクはジューススタンドや、健康食品を扱う店等で1杯数百円程度で購入できる。エキナカなどにある店は開くのが早いので、朝食代わりに飲んでいく人も多いと言う。また、人気の高まりから、青汁だけを扱った青汁スタンドも登場している。

青汁は母体となるメーカーによって原材料やレシピが違うのでスタンドごとに味が異なる。また、生ジュースは季節によって苦味(ケールは冬になると甘くなるのだそう。同じアブラナ科の白菜も冬の方が甘くなるが、これは体の中に糖分を蓄えることで凍結する温度を低くし、冬でも枯れないようにするための植物の知恵である)や色も変わってくるので、足しげく通って味の変化を楽しむのもよさそうだ。なお、粉末状になった製品は、1年中味が変わらないので「利き青汁」は生ジュースを提供してくれる店でしか味わえない楽しみだと言える。青汁に抵抗がある場合は、最初はジューススタンドを選びオレンジや桃など普通の果物のジュースをオーダーして、それが鮮度がよく美味しかったら青汁も頼んでみるとよいかもしれない。