青汁を飲んではいけない人

飲んではいけない人とは

 青汁は体に良い健康食品です。しかし、すべての人が飲んでいいものとは限りません。青汁を飲むと健康を害する人、つまり、青汁を飲んではいけない人もいるのです。

 まず、腎臓機能が低下している人、腎臓に何らかの障害を持っている人は飲んではいけません。腎臓の機能が低下しているとカリウムの排出が悪くなります。そこへカリウムを大量に含む青汁を飲んでしまうと、血液中のカリウムが増え、高カリウム血症を引き起こしてしまう可能性があります。特に、人工透析をしている人にとって青汁は危険な飲み物となります。

 また、甲状腺機能が低下している人も青汁を控えたほうがよいかもしれません。青汁の原料として一番ポピュラーなケールには甲状腺ホルモンを作る作用を抑圧させる成分が含まれています。青汁を飲むことによって、甲状腺機能に影響が及ぶことが考えられます。

 さらに、脳梗塞や心筋梗塞などで抗血栓薬を飲んでいる人にとって、青汁はNGです。抗血栓薬とは血をサラサラにする薬です。青汁にはビタミンKが多く含まれていますが、このビタミンKとは血を固める働きがあります。血を固めにくくする作用と固めようとする作用、二つの相反する成分がお互いの効果を邪魔し合ってしまうというわけです。

 このほかにも、医師から食事の制限を受けている人は、青汁を飲む前に医師に相談をするべきでしょう。健康食品といわれるものでも、含まれる成分によって体に害を及ぼすこともあるということを知っておく必要があります。