妊娠中 青汁

妊娠中に青汁を飲んでも良いの?

妊娠中に青汁を飲んでも良いのか、気になりますよね。妊娠中は便秘になり、悩む妊婦さんも数多くいらっしゃいます。便秘によるイライラや、ストレスを引き起こすこともあります。妊娠中は女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが活発に働きはじめます。

この黄体ホルモンは腸の運動を邪魔するので便秘になりやすく、さらに妊娠後期にはお腹の赤ちゃんが大きくなることで腸が圧迫され、便秘になりやすくなってしまいます。

そんなとき青汁は薬ではなく健康食品ですので安心して飲むことができますよね。 青汁には食物繊維が豊富に含まれているので手軽に食物繊維を摂ることができ、便通が良くなり便秘解消に効果的です。注意しなければならないのは青汁を飲むときは用量をきちんと守り飲みすぎないように注意しましょう。食物繊維を過剰に摂ることは下痢を引き起こすことになりかねませんので正しく飲むようにしましょう。

妊娠中に特に必要な栄養素がいくつかあります。まずは鉄分。鉄分は血液をつくる材料となり、貧血を予防します。次にカルシウム。カルシウムは骨をつくる大切な栄養素です。

そして葉酸。葉酸は胎児の神経系や脳の発達にとても重要な働きをします。貧血の防止にもなります。最後にビタミンC。ビタミンCは鉄分の吸収を助ける働きをしてくれます。さらにストレスを和らげ、免疫力アップにもつながります。このように大切な栄養素を毎日摂るのはとてもたいへんですよね。このように妊娠中はたくさんの栄養素が必要とされますが、青汁を飲むことで簡単に摂ることができます。

さて青汁にもたくさんの種類がありますが、妊娠中に好まれる青汁とはどんな青汁なのでしょうか。妊娠中は味にとても敏感ですよね。くせのある飲み物は体が拒否してしまう場合があります。そんな妊婦さんには緑茶や桑の葉を使ったおいしい青汁や、青汁独特の臭みやドロドロ感のないすっきりした飲みやすい青汁やビタミンCが多く含まれた青汁など妊婦中でもおいしく飲める青汁はたくさん販売されています。

妊娠中に青汁を飲むことによってさまざまなメリットがあるのですね。
とはいえ赤ちゃんがいる大切な体、成分など気になる点はしっかり調べて、納得してから購入し、正しく青汁を飲んで、健康的な妊娠生活を送りましょう。